住宅

はじめての資産運用|初心者のための不動産投資信託

証券化するメリット

説明

将来のために資産運用を検討している人は、気軽に行なうことが出来る不動産投資信託が良いでしょう。通常は不動産投資は多くのお金を必要として、誰でも気軽に出来るものではありませんでした。しかし、不動産投資信託は少額の費用があれば誰でも可能で、最近非常に人気が集まっています。

不動産投資信託とは、通常は個人で所有することが出来ないような大規模な建築物やマンションなどの不動産を証券化します。証券化することで個人が所有する必要はなくなり、小口で沢山の人が不動産を所有する権利を手にすることが出来るのです。そのため、個人投資家から非常に人気で、投資の経験がない人も簡単にはじめることが出来る資産運用となっています。この仕組はまさに資産運用の革命です。

今までこの資産運用方法を知らなかった人のために、簡単にメリットを紹介します。一番大きなメリットは、分配金が非常に高いことです。不動産の価値を証券化しているので、利益の90%以上を個人投資家に分配する義務があります。そのため、高い収益を手にすることが出来るでしょう。これは家賃収入しかない不動産経営との大きな違いです。さらにメリットはあり、個人投資家が自分で運用する必要がないことも大きいでしょう。不動産の運用を初心者が一人でするのは困難で、運用に失敗してしまう人も多くいますが、不動産投資信託では運用のリクスがなく専門家に任せることが出来ます。運用の専門家がしっかりと不動産の管理や維持をしてくれるので、個人投資家は安心でしょう。これから資産運用をはじめる人には、おすすめの投資です。

成功するためのポイント

建物

最近は多くの人がマンション経営をしていますが、失敗してしまう人もいます。マンション経営を失敗しないためにも、オーナーがすべきことを紹介します。ちょっとしたことで入居率は変わるので成功するためのポイントを把握しておきましょう。

Read More

周辺の相場を調べる

模型

アパートやマンション経営をする場合は、家賃の設定をしっかりとしなくてはいけません。家賃次第で入居率が変わってくるので、周辺の住宅の家賃相場を調べておきましょう。さらに借り手のニーズも把握しておくと良いでしょう。

Read More

立地条件と周辺環境

お金と一軒家

家賃収入を得るために購入した物件のことを収益物件と言います。大阪にも沢山の収益物件がありますが、成功するためには立地条件や周辺環境も考慮しなくてはいけません。これがマンション経営を成功させるコツです。

Read More