住宅

はじめての資産運用|初心者のための不動産投資信託

周辺の相場を調べる

模型

人間が生活するためには、住宅は必ず必要になります。住宅を確保することで、毎日安全に眠りにつくことが出来るでしょう。狭くても安心して暮らせることが重要になるでしょう。しかし、安全性だけでなく、アパートやマンション経営をしている人は適切な家賃にしなくてはいけません。どんなに快適で素敵な部屋でも家賃が相場よりも高いと借り手はいないでしょう。しっかりと地域の家賃相場を把握して、適切な家賃設定をすることで、入居率は上がるでしょう。

しかし、住宅の家賃は時代とともに変動していくもので、日本の経済状況にも影響を受けます。そのため、民間の住宅は1960年代と現在を比較すると、現在の方が高くなっています。さらにアパートやマンションよりも団地は、いつの時代も一般的にリーズナブルに部屋を借りることが出来るようです。このように、日本の経済状況や借りる部屋によって家賃相場は変わります。

また、地方都市よりも都心部の方が家賃相場が高くなる傾向にあります。同じ1DLKの間取りの部屋を借りた場合でも、地方都市と都心部では数万円以上も家賃が違うこともあります。地方都市よりも都心部が家賃が高いのは、需要が高いからでしょう。多くの人が都心部で生活しているので、部屋の家賃を下げなくても借り手を見つけることが出来るのです。そのため、地方都市よりも高い家賃相場になっています。さらに都心部の場合は利便性が高いことも家賃に影響していると考えられます。アパートやマンションの家賃を設定する場合、様々な要素を考慮して決めましょう。